NBA SHOPオンラインストア限定 ボール販売中!

Wilson x NBA Story

NBA SHOPオンラインストア限定 ボール販売中!

Wilson x NBA Story

新時代へ向けた

” ティップオフ”

2021-2022シーズン、NBAは創設75周年を迎えるにあたり、リーグの新たな公式ゲームボールを発表した。NBAの記念すべき最初の公式ゲームボールメーカー、Wilsonのボールで原点回帰を図ったのだ。1946年から36シーズンにわたってNBAを支えたWilsonは、新たな試合球とともに38年の時を経て再びコートへと戻ってきた。

新たな公式ゲームボールは、1年をかけてNBAとNBPA(選手労働組合)がWilsonと共同開発した。アイコニックな雰囲気を醸し出すNBAとWilsonのロゴが印象的で、第5代コミッショナー アダム・シルバーのサインも刻印されている。

新時代へ向けた” ティップオフ”

2021-2022シーズン、NBAは創設75周年を迎えるにあたり、リーグの新たな公式ゲームボールを発表した。NBAの記念すべき最初の公式ゲームボールメーカー、Wilsonのボールで原点回帰を図ったのだ。1946年から36シーズンにわたってNBAを支えたWilsonは、新たな試合球とともに38年の時を経て再びコートへと戻ってきた。

新たなゲームボールは、1年かけてNBAとNBPA(選手労働組合)がWilsonと共同開発した。アイコニックな雰囲気を醸し出すNBAとWilsonのロゴが印象的で、第5代コミッショナー アダム・シルバーのサインも刻印されている。

ウイルソン NBA公式オフィシャルボール

原点回帰を図るNBAが求めているのは、バスケットボールというスポーツのさらなる進化だろう。現在のNBAはステフィン・カリーを始めとする3ポイントシューターたちが飛躍的な活躍を見せる『新時代』へと突入しており、進化する選手たちのパフォーマンスレベルをさらに引き上げることがWilsonの公式ゲームボールに期待されている。

そして、新時代へ向けた取り組みは、新たな公式ゲームボールでプレーする選手たちの活躍があってのもの。カリーのようなNBAの新時代を切り開いた選手の活躍もここで振り返っておきたい。

ウイルソン NBA公式オフィシャルボール

原点回帰を図るNBAが求めているのは、バスケットボールというスポーツのさらなる進化だろう。現在のNBAはステフィン・カリーを始めとする3ポイントシューターたちが飛躍的な活躍を見せる『新時代』へと突入しており、進化する選手たちのパフォーマンスレベルをさらに引き上げることがWilsonの公式ゲームボールに期待されている。

そして、新時代へと向けた取り組みは、新たな公式ゲームボールでプレーする選手たちの活躍があってのもの。カリーのようなNBAの新時代を切り開いた選手の活躍もここで振り返っておきたい。

2022年10月、日本のNBAファンの前でWilsonの公式ゲームボールを使用し、驚愕のプレーを披露したカリー。現代のNBAにあって、“時代の寵児”と呼ぶにふさわしい選手だが、その体躯は188cm83kgと、2メートル超えが平均身長となるNBAの中でも『極めて小柄』。それでも、2009-10シーズンのNBAデビュー以来、持ち前のスピードとクイックネス、ボールハンドリング、そして3ポイントを武器に数多くの衝撃と感動を世界中に伝えてきた。特に代名詞でもある3ポイントは、歴代で唯一3000本以上を成功させた選手。練習中には約5分間で“連続105本”を成功させている。

カリーの更なる素晴らしさを挙げるとすれば、それはフォア・ザ・チームのメンタリティーにある。往年の名3ポイントシューターであるデル・カリーを父に持ち、デビューから高いポテンシャルを発揮はしていたが、2014-15シーズンにゴールデンステートウォリアーズがヘッドコーチにスティーブ・カーを迎えると、コート上のリーダーとしての才能も開花した。速いパスワークと変幻自在のアウトレンジ攻撃を主体とした新生ウォリアーズの司令塔としてチームを引っ張り、2014年から2022年現在までの間に、NBAファイナル優勝4回、ファイナル出場6回の常勝軍団へと進化させ、自身では2度のMVPを受賞、オールスターにも8度選出された。

2022年10月、日本のNBAファンの前でWilsonの公式ゲームボールを使用し、驚愕のプレーを披露したカリー。現代のNBAにあって、“時代の寵児”と呼ぶにふさわしい選手だが、その体躯は188cm83kgと、2メートル超えが平均身長となるNBAの中でも『極めて小柄』。それでも、2009-10シーズンのNBAデビュー以来、持ち前のスピードとクイックネス、ボールハンドリング、そして3ポイントを武器に数多くの衝撃と感動を世界中に伝えてきた。特に代名詞でもある3ポイントは、歴代で唯一3000本以上を成功させた選手。練習中には約5分間で“連続105本”を成功させている。

カリーの更なる素晴らしさを挙げるとすれば、それはフォア・ザ・チームのメンタリティーにある。往年の名3ポイントシューターであるデル・カリーを父に持ち、デビューから高いポテンシャルを発揮はしていたが、2014-15シーズンにゴールデンステートウォリアーズがヘッドコーチにスティーブ・カーを迎えると、コート上のリーダーとしての才能も開花した。速いパスワークと変幻自在のアウトレンジ攻撃を主体とした新生ウォリアーズの司令塔としてチームを引っ張り、2014年から2022年現在までの間に、NBAファイナル優勝4回、ファイナル出場6回の常勝軍団へと進化させ、自身では2度のMVPを受賞、オールスターにも8度選出された。

それまでは”30%”足らずだった3ポイント成功率を、時には”50%”を超えるほどの驚異的な数字にまで引き上げたカリー率いるウォリアーズ。そのウォリアーズが圧倒的な強さを誇ったことは、NBAのチーム作りやオフェンスシステムにも大きな影響を及ぼした。ハイテンポかつどこからでも3ポイントを狙うスタイルに打ち勝つために、オフェンスを真似るチームや、積極的に3ポイントを狙う選手も多くなった。進化し続けるNBA、まさしくその象徴こそがカリーなのである。

連日アツいゲームが繰り広げられ、更なる盛り上がりを見せる今シーズン。歴史の新たな1ページはウイルソンの公式ゲームボールと共に刻まれる。

それまでは”30%”足らずだった3ポイント成功率を、時には”50%”を超えるほどの驚異的な数字にまで引き上げたカリー率いるウォリアーズ。そのウォリアーズが圧倒的な強さを誇ったことは、NBAのチーム作りやオフェンスシステムにも大きな影響を及ぼした。ハイテンポかつどこからでも3ポイントを狙うスタイルに打ち勝つために、オフェンスを真似るチームや、積極的に3ポイントを狙う選手も多くなった。進化し続けるNBA、まさしくその象徴こそがカリーなのである。

連日アツいゲームが繰り広げられ、更なる盛り上がりを見せる今シーズン。歴史の新たな1ページはウイルソンの公式ゲームボールと共に刻まれる。

WILSON バスケットボール ニュースレター

最新情報をいち早く

Thank you!

WILSON バスケットボール ニュースレター

最新情報をいち早く

Thank you!